9人の海賊長の詳細とその海賊旗

画像

画像

※9人の海賊、一人一人の画像は【こちら】

『Pirate Lords-海賊の長(おさ)』短編集






◆Ammand◆(画像、左から三番目)
トルコ人、黒海の海賊。時々、「Ammand The Corsair」の肩書きで呼ばれる。
東インド会社はAmmandの捕獲、または死に対して彼の首に4400ギニーの賞金をかけている。
モロッコとトルコの間の地方を支配するため、オスマン帝国と提携。コルセアと呼ばれる非常に組織された私掠船の創始者でもあった。
北アフリカと黒海での海賊行為と教会に対する多数の犯罪行為(キリスト教の船と修道女への襲撃を含む)により指名手配されている。
9人の海賊長によって開かれた評議会では、カリプソを人間女性の体から解き放つことに強く異を唱えた海賊長のうちの1人。
「銀貨」の代わりは小さな聖餐杯。

<旗>
画像



◆Hector Barbossa◆
ヘクター・バルボッサは、(そこが陸地に囲まれた内陸の塩湖であるけれども)カスピ海の海賊長でしたが、大部分の時間を余所で過ごした。
ジャック・スパロウに殺された後も、彼の地位は不変のまま。。
「生死を問わず」東インド会社によって10000ギニーの賞金がかれられている。
「銀貨」の代わりはラゲッティの木の義眼。
カリブ海とカスピ海での海賊行為、そしてたくさんのリンゴを盗んだことにより指名手配されている。(ブラックパールでの)反乱、Hernándo Cortésのアステカ金貨を盗み、また数々の窃盗と誘拐などを行った。
Shipwreck Coveの評議会では進行役をつとめ、ここでカリプソを解き放つ提案を出した。
彼の海賊旗はジョン・ラカムの旗を基としている。

<旗>
画像



◆Chevalle◆(画像、右端)
フランス人(具体的にはマルセイユ)の海賊で、地中海の海賊長。時々、フランス語でキャプテンを意味する「Capitaine」の肩書きで呼ばれる。。
東インド会社はChevalleの捕獲、または死に対して彼の首に6000ギニーの賞金をかけている。
顔の化粧、粉に覆われた大きなかつらと贅沢な服装一式をいつも身に付けている。口の片側に傷が見られる。
「銀貨」の代わりはカード。
地中海とフランスの海域においての海賊行為、スイス銀行を狙ったために指名手配されている。フランスのカリブ海の植民地(例えばモントセラトとハイチのような)で旧世界と新世界で取引するヨーロッパの裕福で脆弱な貿易船を長年に渡って襲った。例えばメキシコのように新世界から戻るビリャヌエバ(中央アメリカ)のスペインの財宝船を狙った。
彼の海賊旗はスティード・ボネット関連の海賊)の旗を基にしている。

<旗>
画像



◆Ching◆(画像、左から二番目)
中国人、太平洋の海賊長。時々、Mistress(女性支配者)の肩書きで呼ばれる。
敵には凶暴で危険と知れ渡っていた。中国の海岸に沿って戦艦を指揮し、夫の死後に力を増した。
「銀貨」の代わりは一対の小さな眼鏡。
東インド会社は、捕獲、または死に対して彼女の首に3400ギニーの賞金をかけている。
太平洋での海賊行為によって指名手配されている。
また、売春宿と賭博場を経営。記念品として耳を削ぎ落とす。
中国と日本の間で密輸を行っていた。
通常、首を切ることによって苦痛を与える。多数の村を襲い、略奪した。秘密結社とも協力し、地元の商人から金銭をゆすり取った。
海賊のコンクレイヴ(評議会)の間では、自分たちの要塞が強固であることを主張、ベケットの戦艦を攻撃するよりはむしろ、難破船の街に残ることを提案。
タカヨ・フィッシャーによって演じられ、海賊旗はChing Shihの旗を基としたと思われる。

<旗>
画像



◆Jocard◆(画像、右から三番目)
アフリカ人、大西洋の海賊長。時々Gentlemanの肩書きで呼ばれる。
しかしながら、これは彼の本当の名前ではない。これは彼の前のマスター(奴隷主)によって付けられたものを採用した。そして、彼の本当の名前は知られていない。
当初奴隷だった彼は、マスターに対して反乱を起こし、海に逃げて海賊になった。
東インド会社は、彼の捕獲または死に対して、3600ギニーの賞金をかけている。
「銀貨」の代わりはフォーク、もしくは先がとがったもの、おそらくは音叉。
ニューオリンズの港、ミシシッピ川、メキシコ湾にて海賊行為を行う。
神秘と超自然現象に傾倒する。
従属反乱の咎で指名手配されている。(マスターに対し)間違ったアイデンティティを持つことは、王権に対する犯罪。イギリス諸島、大西洋にての海賊行為も含まれる。
評議会では、人間の身体からカリプソを開放するのに激しく反対した海賊長の中の一人。彼の海賊旗は、バーソロミュー・ロバーツの第二の旗を基とする。

<旗>
画像



◆Jack Sparrow◆
カリブ海の海賊長。典型的「キャプテン」の肩書きで呼ばれる。
彼の地位は、彼がエリザベス・スワンによって死へと誘い込まれ、最終的にクラーケンに呑み込まれた後も不変のまま。
バルボッサ、そしてサオ・フェン(彼の海賊長の地位は、後にエリザベス・スワンへと譲られた)の2人は海賊長の中でジャックの死と蘇りを知っている。
10001ギニーの賞金がかけられているため、9人の海賊長の中で、最も誰からも捜されている。
彼の「銀貨」は、バンダナに付けられるビーズの房からぶら下がっている小さなコインチャーム(海賊長の印の中で唯一の実際のコイン)。しかし、本物の「(ペソ)銀貨」ではなく、波形のコインのように見える。
他の海賊長全てから金を借りている。
王権に対する数々の悪意ある罪、密輸、脱獄、偽造をした。
バハマのナッソー・ポートを発砲することなく略奪した。
違った旗を掲げ、奴隷を自由にし、略奪、密猟、強奪、悪行、破壊、英国海軍と他の英国でスペインの役人になりすます。放火、誘拐、カリブ海での海賊行為、偽証、窃盗(その他ラムの出荷や略奪)行為を行った 。
評議会の中ではエリザベスが宣戦布告することを知っていて、彼女を「海賊王」になるよう投票した。それによって、デイビー・ジョーンズの心臓を入手するという自身の計画を助けると考えた。
ジャックの父親は「海賊の法典」の番人、ティーグ・スパロウ。
ジャックの海賊旗は、海賊史上最高額の財宝を掠奪した世紀の大海賊ヘンリ・エイヴァリの旗を基とする。ジョニー・デップによって演じられた。
※Wikipedia - Henry Every(英語)

<旗>
画像



◆Sumbhajee◆(画像、左端)
元ヒンズー教の牧師。インド洋の海賊長。時々ヒンズーの神・聖者などの敬称スリーの肩書きで呼ばれる。
東インド会社から2800ギニーの賞金をかけられている。インドの海賊は多数の豊かな商船を略奪するため、特に捜索されていた。インドとアラブの間にて貿易を行う。
インド洋での海賊行為に課税し、彼の通貨を発行。ボンベイの港を封鎖して身代金を要求。
「銀貨」は小さな牙、または歯。
滅多に話さない。側近に囁いて、側近が彼の言葉を伝える。しかし、エリザベスが海賊王に選ばれ、戦うと宣言されたとき、彼が甲高い声で話すことが明らかになった。
未知の神通力で災いを持ち込むと他に知られていた。
おそらく、Sambhaji Angre(Kanhoji Angreの息子)をベースにしたと思われる。

※彼の甲高い声は、ミッキー・マウスの声の物真似ではないか、という意見があります。

<旗>
画像



◆Elizabeth Swann◆
エリザベス・スワンは南シナ海の海賊長で、海賊王。キャプテンの肩書きで呼ばれる。
サオ・フェンが致命傷を負い、瀕死の状態の時、エリザベスに海賊長の証とされる「銀貨」を与えたため、彼女は海賊長の権力を受け継いだ。
評議会では彼女自身の票とジャックの票で「海賊王」に選ばれる。
「銀貨」は猿の拳(こぶし)に似たネックレス。
クルーと共に評議会には遅れて到着し、その時彼女はサオ・フェンの死と彼女の海賊長の地位を表明した。その後、「海賊王」に選ばれ、東インド会社に対し、宣戦布告をした。
『ワールド・エンド』のエンドロール後、彼女がウィルの息子ウィリアムⅢと陸に上がっていたため、評議会での立場を維持したのかは不明。
彼女の海賊旗は、Thomas Tewの旗を少しだけ基にした。

<旗>
画像

※Wikipediaのページに「Thomas Tewの旗を基にした」と書かれておりますが、多分「Edward Lowの旗を基にした」の間違いではないか、という気がします(どう見ても、剣を持った片手を振り上げているThomas Tewの旗の柄と似ても似つかないもので……)。
何かご存知の方はコメント欄にお知らせくださいませ。m(*_ _*)m



◆Eduardo Villanueva◆(画像、右から二番目)
スペイン人、アドリア海の海賊長。典型的キャプテンの名で呼ばれる。
東インド会社から2000ギニーの賞金をかけられている。
7つの海を航海し、フィリピンと南アメリカに入港することが知られていた。
評議会でChevalleと発砲を伴う激しい喧嘩をした。ワールド・エンドの戦いでは共に戦った。
彼の「銀貨」は、紐に結ばれた壊れたボトルネックでした。
金貨をくすね、バーでの喧嘩を扇動、参加、そしてスペインの海とアドリア海にて海賊行為を行った。
評議会ではバルボッサのカリプソを解放するという意見に同意。
彼の海賊旗は、黒髭のエドワード・ティーチの旗を基にした。

<旗>
画像



◆Sao Feng◆
前南中国海の海賊長。典型的キャプテンの肩書きで呼ばれる。
彼の船エンプレス号にてフライング・ダッチマンに攻撃された時、致命傷を負い、死の直前に自身の長(おさ)の証である「銀貨」をエリザベスに渡し、後継者とした。
東インド会社は8000ギニーの賞金を、捕獲または死に対して彼にかけている。
一般的に西側と戦わないのを好んだ。
彼は、「世界の果て」と「青春の泉(病気を直し青春を取り戻すと信じられた伝説上の神秘の泉)」の位置が記された海図を所有している。
南シナ海とシンガポールの海での海賊行為の容疑で指名手配されていた。
水と蒸気で犠牲者を拷問した。
東部地方の通路をコントロールしていた。シンガポールの本部では違法な花火と銃を所有。
彼の海賊旗は、少しThomas Tewの旗とサオ・フェンのモデルといわれるCheung Po Tsai(チャン・ポー・ツァイ)の旗を基としていると思われる。

<旗>
画像



Source
※公式サイトではなく、Wikipediaのページに書かれていたことを訳していますので、内容の正確さは100%ではございません。
間違いや追加情報がございましたらご遠慮なくコメント欄に書き込みのほど、何卒宜しくお願いいたします。

※ブログ内の文章引用などはご自由になさってください。但し、当ブログは行方不明になっている女の子を忘れないための活動に参加しています。引用をなさった場合は、(以前にも何度も記載させていただいており、大変執拗に感じられることもあるかもしれませんが)何卒リンクのほど、宜しくお願いいたします。
当ブログに対してではなく、リンクは直接行方不明の女の子を捜しているページにしていただいてもかまいません。


~価格.com - クリック募金~

《お願い》
※翻訳した文章をご自身のブログやサイトに引用される場合や、当ブログで知得した情報を他のサイトのBBSなどに投稿される際は、英文記事が掲載されている本源や、元記事となるページにダイレクトリンクすることなく、どうか当ブログのトップページもしくは個別ページへのリンクを、何卒宜しくお願い致します。
一人でも多くの方に知っていただきたい、そして覚えておいていただきたいミッシング・パーソンのバナーなどを貼っています。その為にも、是非ご協力下さいませ。



《ご注意下さい》
※コメントには、小文字や記号多用の文章、また、質問だけのご投稿もお控えいただけると幸いでございます出来る限りご自身で検索して下さい)。また、年齢も個人情報のひとつです。未成年の方は、ネットの中で最初からそれを明かしてしまうと、トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性も無いわけではありません。ご注意下さい!!
内容の説明がなく、URLだけを記載したコメントや、場を乱すと判断できるもの、不適切な広告などについては、管理人の判断で削除することがあります。また、そういった投稿をされた方の「IPアドレス」は、大変申し訳ございませんが、一旦当方で保管させていただき、悪質なものに関しては、お使いのプロバイダーや、独自ドメインをお使いの場合はアクセスされている施設(企業や学校など)にご連絡させていただくことがございます。ご了承くださいませ。
また、妙な書き込みを見つけた場合は決して反応せずに完全スルー&ignoreしてください。
何卒宜しくお願いいたします。m(*_ _*)m



~価格.com - クリック募金~

《ABOUT LINK》
リンクはフリーです。ご自由にして頂いて構いません。リンク後のご報告は不要ですが、頂けると嬉しいです。


※記事内のリンク先は当方で数回クリックして安全性を確かめておりますが、もし「新しい脅威が発見されました」「ウィルスに感染しました」という文面が出た場合は、誘導に従わず、そのブラウザーを速やかに全て閉じてください。

Pirates of the Caribbean 3 2008 Calendar



SODIAL(R)海賊旗どくろジョリーロジャー大5×3 'サイズ
SODIAL(R)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SODIAL(R)海賊旗どくろジョリーロジャー大5×3 'サイズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック